さくらちゃん教

誰かの言葉に魅せられて離れられない時ってありますか。その人を尊敬し、その考えを尊重しそこに重きを置いて行動した時、それはもう宗教なのかもしれません。

ラブホはわたしのディズニーランド

わたしはラブホが好きです。

 

この発言をして、引く人も、引かなくても少し距離を置いておこうという人もいるかもしれません。けれど、わたしは気にしません。だって、好きなものを好きだと言いたい。そして、なにより、ラブホは素晴らしい所だと私は信じているからです。

 

「この夏休みはラブホめぐりをしたい」

 

こう言うと、ふっと笑われたり、 何言ってんのという目で見られたりします。この人たちは見る目がないんですね。ラブホの素敵さ、快適さ、コスパの良さに気づこうとしない。

 

もちろん、ラブホはセックスするために主にあります。私はそのことを否定しないし、セックスする場所だからこそ、普通のホテルとは一線を画した、まさに夢の国のような場所にもなり得ると思っています。

だから、ラブホめぐりなんて言って、友達とちょこちょこラブホに遊びに言っている私ですが、本当は、一緒にお金を半分ずつ出してラブホに楽しく行ってくれる恋人がいれば、どれほどいいかと思います。ラブホではセックスしない方が楽しいなんてことを言うつもりはありません。ただ、しなくても、充分、楽しいし素敵な場所だよってことを言いたいのです。

 

 

「ねえ、セックスしない?」

 

あなたがもし、初めて寝たい女の子がいたらこんな風に誘うでしょうか?

私なら興ざめです。誰とでも寝るような女の子ならまだしも、あなたが狙う清楚な彼女にこれはどうでしょうか。

 

では、

「駅のすぐそばに、お城みたいにキラキラで、光るジェットバスが付いてて、フカフカの布団があって、カラオケができて、大きいテレビで映画が観れて、お酒も飲めて、アメニティも豊富だからメイク落としや明日の髪型の心配もしないで良くて、朝ごはんを無料で食べれて、値段もそんなに高くないホテルあるんだけど、今日は泊まっちゃわない?」

と言えばどうでしょうか?

私ならついて行ってしまうかもしれません。ここまで言われたら行きたくなってしまいます。もちろん、全く気がない男の子には何を言われてもついていきませんが、少し気になる相手だったら、行ってしまいそうです。

 

 

ああ、今、言ってしまいました。あとちょっとで落とせそうな女の子を落とす言葉を。企業秘密だったのに.....。

 

仕方ありません。

全ては語るためなのです。

 

ここからが本題です。つまりです、わかりましたか?もしかしたら、一を聞いて十を知ることのできる頭のいい方々には、私が何を言いたいか、もう、わかったかもしれません。

一応解説します。

つまり、『ラブホの素敵が詰まった要素』は女の子が男の子と寝てしまうための免罪符なのです。ラブホには、女の子を連れ込む工夫を凝らした末に素敵な要素が散りばめられていて、結果、女の子がワクワクできるようなステキな空間が出来上がってしまったと言うことです。

だから、私が、純粋にラブホをディズニーランドのようにキラキラしていて素敵な場所と思うのは当然なことなんです。

女の子に、男の子にお持ち帰りされてしまうのを許す言い訳を、『ラブホの素敵が詰まった要素』は与えてくれているのです。

 

だって、「ラブホ」という名前が付いているから、少し、行きにくいかもしれませんが、普通のホテルだと考えるとすごく素敵な場所ではありませんか。

一回皆さん、先入観を取り払ってください。タブラ・ラサです。いいですか、見えてきましたか?

 

・ビジネスホテルより安め

・お風呂に二つボタンがついていて、一つはライトアップ、もう一つはジャグジー(バスボムもついている)

・素泊まりでもアメニティが豊富すぎるので余裕、むしろ顔パックとか4万円のコテとかあったりして楽しい(当たり前だけど、タオル、バスローブ、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、洗顔、化粧水らへんは、どんなに安いところでも置いてある)

・大きいテレビで映画やAVが見れる

・マリオカートやVRを貸してくれるところとかもある

・ご飯が食べられる(私はラブホのご飯は美味しくないので食べません)

・ベッドが大きくてフカフカ、自分の好みに合わせてライトアップがコーディネートできる

・そして何より、ラブホの特徴といえば、外装内装がキラキラしていてお城みたい

・なんでもありだから、工夫に富んでいて、奇抜なお部屋があって、いくつ行っても飽きにくい

 

 一つ言っておくと、映画『天気の子』に出てきたラブホ、あんなのを皆さん想像していると思いますが、あれは少し高すぎます。三人で泊まったり、階の高くて広めの部屋だから28000円もしているのかもしれないですが、普通はそんなにしません。大体、都心なら、10000円ちょっとあれば、普通にいいところに泊まれると思います。ちょっと露天風呂付きのいいところ泊まろうかなあ、と思ったとしても20000円はいかないです。それを二人で折半すると考えれば、そんなに高くないと思いませんか?あと、カラオケがあるところは意外と少ないかもしれません。バリアンの高めのお部屋とかなら確実にありますが、実際はあまり見かけないです。

 

逆に一泊6000円とか、安すぎると、すごい質素な部屋になってしまいます。本当にセックスだけする部屋みたいな。それもアリですね。セックスに夢中なら、無駄ですもんね装飾も。まあ、「無駄をどれだけ、いつくしむことができるか」っていうのを私は大切にしているので、できれば面白いお部屋に泊まりたいですが。

初めて、ベッドとお風呂とトイレだけ、みたいなお部屋に入った時は「わああ、これはすごい!みんな、ここでセックスだけをしまくっているんだ。こんなに、無駄を削ぎ落としたお部屋は、今まで見たことがないなあ」と感心しました。

 

 

ラブホテルはビジネスホテルよりも少し安めだと思いませんか。これは、男の子が一人で払うことを想定しているからではないかと思います。あと、風営法の規定でボロいところが多いというのもあるでしょう。

 

『天気の子』に出てきたラブホは、なかなか、一般受けしやすそうな楽しそうな場所を選んでいましたね。ラブホが出てきたことは、個人的にとても興奮しました。ですが、ラブホは千差万別です。

普通のホテルでは考えられないような、非日常なお部屋が私のことを待ってくれています。少し、簡単に紹介しようかなあ。



f:id:mi_sakura:20190807231611j:image

f:id:mi_sakura:20190807231553j:image

↑この二枚は、この前、大阪旅行に友達と行った時に泊まったお部屋です。

一つ目は寝殿造の有名なラブホで、ずっと行ってみたかったところ。ここに泊まるために大阪に行ったくらいです。実は、このベッドの天井にはえげつない春画が書いてあって、それがこちら。f:id:mi_sakura:20190808001242j:image

 これはひどいですよね、もう、何度も冷静になろうと思ったのに笑ってしまいました。ここは一泊8500円でした。安いです。

 

二つ目は、ビリヤードのお部屋。本当は、回転ベッドがあるお部屋を狙っていたんですが、そこは予約できなくて、当日の夜に電話したらもう埋まっていて残念。急遽、ビリヤードがアクセントのインテリアになっているお部屋にしました。ここは、10500円。思ったよりもとても広くて、快適で、夜は映画『アリー』を鑑賞していたら、いつの間にか寝ていました。もちろん、お風呂も泡風呂にしてライトアップして、ブクブクしながら一緒に入りました。楽しかったです。 

↓狙っていた回転ベッド

f:id:mi_sakura:20190807231642j:image

 回転ベッドは残念でしたが、道玄坂にもあるそうなので、今度行ってみたいと思います。道玄坂は少し高めなんですよね。渋谷付近で泊まりたかったら、神泉に行ったほうがいいかもしれません。

ボロいところが多いですが、私のオススメはこういう感じのところ↓f:id:mi_sakura:20190807232201j:imageすごいボロいんですよ。でも逆にボロさを隠すためにカラフルに塗られていて、かわいいです。エレベーターに乗ると、ゴッゴゴゴゴゴっと音がして開く時にプシューッとなります。まるで、タワー・オブ・テラーかと思いました。狭くて、アメニティも少し少なめですが、安くて、たまにはこういうところもいいです。東大の一二年生なら、神泉なら歩いて行けますし、とてもオススメです。

 

都心だとよく行くのが歌舞伎町のラブホ街なんですが、そこは、まあ一般的なラブホが多くて特に目立ったお部屋はないんですが、安定という感じですね。都心で、たくさんの中から気分で選べて、急でも泊まりやすいです。

 

 

首都圏で、2回、ディズニーランドに行くみたいに遊びに行ったことがあるのが、川越のSARAというところです。ここは、すごい。内装がとにかくすごい。調べてみてほしいのですが、こだわりすぎですね。値段も12000円くらいで泊まれて、駄菓子食べ放題、Wii UやVRができたり、アメニティも豊富で、朝食も無料。さすが、埼玉県。駅からも遠めなので、この値段でこのクオリティ。

そう、少し遠いんですよね東京からは、ここは埼玉に住む友達から教えてもらったとこなので。でも、川越の下町は小京都と呼ばれるくらいの観光スポットです。だから、泊まった次の日に、下町食べ歩き散歩してデートを楽しめば、行き帰りの交通費なんて余裕で取り返せるんですね。

↓泊まったことのある2部屋

f:id:mi_sakura:20190807232204j:imagef:id:mi_sakura:20190807232158j:image

↓今一番狙っている寿司部屋

f:id:mi_sakura:20190807231615j:image

↓錦糸町のSARA(値段が高い)

f:id:mi_sakura:20190807231607j:image
f:id:mi_sakura:20190807232154j:image

一枚目みたいに、診察室もあれば、電車内の内装や、学校の教室っていうお部屋もあります。少し高いんですが、ご褒美や二人で行う打ち上げ、記念日には泊まってみたいですよね。

 

そういえば、東大の中にもラブホと呼ばれる教室があるって知っていましたか。知らない人は、まだまだ、駒場キャンパス初心者ですね(そんなことはない)。

 

少しでも、ラブホの魅力が伝われば最高です。ここまでたどり着いてくれて、ありがとうございます。

 

 

あっ、一つ言い忘れていた、ラブホから帰るときは、備え付けのコンドームを一つ持ち帰って、缶か何かに大切に保存しておくと良いと思います。甲子園の砂を持ち帰るように、その日の戦いや思い出のかけらを、あなたは、持ち帰ることが出来るでしょう。